アンダーズ東京

先日のアフタヌーンティーはアンダーズ東京で。今アフタヌーンティーがとても流行っているそうで『ヌン活』とか言われているそうです。最近はインバウンド需要が目立ちますね!

日本のホテルのインテリアは、独自の美学を持ち、多くの外国人観光客に人気があります。

特に、日本の伝統文化を取り入れたホテルが注目を集めています。

アンダーズ東京の入口からエレベーターで51階にあがったところが、チェックインカウンターなのですが、こちらの組子細工をみてください。手が込んでいて見ごたえがありますよね!

日本の伝統工芸品を取り入れたホテルインテリアが増えているように思います。外国人観光客から高い支持を得ているのもこのようなホテルで、アンダーズの空間もところどころにアクセントとして日本の工芸品をとりいれつつ全体はモダンでした。ホテルの内装はとても学びが多いので、時々はヌン活しながらチェックするようにしています。

1階から51階に上がるホテルのエレベーター室への入口。ちょっと分かりづらくて本当にここで良いのか?と思ってしまうが大きく案内が出ていないところがまた良いのでしょうね。

ブログランキングに参加しています✨
1日1回クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします✨

関連記事

  1. プリザーブドリース

  2. ルーブル美術館展

  3. 麻布台ヒルズ teamLab borderless

  4. 絵を楽しむ

  5. テート美術館展

  6. ディヴィッド・ホックニー展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2024.05.04

    三協アルミ様コラムに掲載いただきました

  2. 2024.04.25

    インテリア視察

  3. 2024.03.23

    おすすめインテリアアイテム

  4. 2024.03.09

    間取りとイメージパース受注

  5. 2024.03.05

    麻布台ヒルズ teamLab borderless

カテゴリ